トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

注意!!!

今日のニュースでやってたんですけど、途中からだったのでどの辺りか分かりませんでしたが、意図的な毒物を口にしてワンコが犠牲になったそうです・・・。

4歳のダルメシアンと、13歳の雑種。同じ付近で2日続けてだそうです。

共通しているのが、青い粉の降りかかったサラミのようなモノをワンコが口にしたこと・・・。草むらのお散歩中だったそうで、すぐに口から取り出したけどワンコは急変、あっという間だったようです。

確か去年辺りにもありましたよね、青い粉の毒物。。。

私も今お散歩で一番対策に頭を悩ましていたのが、うららの拾い食い。飼い主の指導不足ですよね、、、葉っぱや枝や、気をつけていないと口にしてしまいます。未遂に防げたのですが、ポイ捨てタバコを口にしてしまい、病院に走ったこともありました。今日のニュースを聞いて、一刻も早くなんとかしなければと思いました。口にした時は怒ったり、おやつにビターアップルをして道路に置いておき、「勝手に拾って食べるモノはまずいんだよ!」という天罰作戦もバクバク食べてしまって失敗。

犠牲になってしまった犬の飼い主さん達。大事な家族をこんな形でなくされて、どれだけつらいことかと思います。あーもうほんとに許せない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコグッズ

最近の我が家でのお役立ちグッズ!

それはこれ ↓↓↓

Dscf0984_1 脚立様様です!

うららの目薬をするのに、おやつで釣ったり~力ずくでやったりと悪戦苦闘してました!暴れる暴れる!ミスってしまった目薬で顔がベチョベチョなんてこともしょちゅうでした・・・。何滴の目薬が無駄になっていったことか~(涙)

白羽の矢が立ったのがこれ!これに乗せると身動き取れないし、なんともおとなしく成功♪今までの苦労がウソのようです~!バッチリ目薬が入って自己満足しちゃいます♪いや~気持ちいい♪

爪きりとかお顔のお手入れにも使えるかなあ~?!

Dscf1029_4

 

“えっ?!あたし、こーんなにおすましさんなのに、目薬で暴れるなんてぬれぎぬだわ!”

こんな良い子ちゃん座りでおとなしそうなフリをしてるうららに騙されちゃーいけませんよ!

見よっ!!!

Dscf1035_1

もしもし~抜糸もまだなんだからさ~、土曜日まで大人しくしててよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うらら親衛隊

近所でも確実にファンを増やしてるうらら♪ご近所のお子ちゃん達も、お散歩に出ると「うららちゃーん!!」て寄って来てくれます!だいぶ顔が広くなってきたね~!

そんな中でも、うららLOVEの親衛隊長!

それは!!!

うちの父(爆)!!!

子供の頃に犬を飼ってた根っからの犬好き。おばあちゃんから聞いた話によれば、子供の時に飼ってたワンコが亡くなってしまった時に、「同じワンコを探してきて」と普段しないワガママで困らせたそう!お盆やお正月で田舎に帰ると、いとこの家で飼ってるワンコをお散歩させるので、年2回くらいしか行かないのにワンコは父を見るとしっぽブリブリ!

そんなワンコ好きの父。

今回の手術、病院の送迎・面会全て参加!!!

手術が決まると、お守り買ってきました(笑)

Dscf1030_3

このお守り。病院でうららを預ける時に、首輪につけようとしてたのでさずがに阻止しました((爆)) もちろん素ですよ~ビックリビックリ (ΘoΘ;)

Photo_4

“雨のにおい~クンクン”

休みの日は欠かさずうららの散歩♪雨の日はアーケードの下などに連れて行きまーす!

“降参降参ーーー!”

Dscf0916_3

うららの辞書に恥らいなんて言葉はありません・・・。プロレスゴッコ大好き♪

たいてい調子に乗りすぎてこの後叱られる ┐('~`;)┌

うららのやんちゃが度を過ぎたときは、叱るのは1番怖いですよー!可愛い可愛いだけじゃなくて、メリハリをつけるのがうららのために大切なんだよー!そのさじ加減が難しいんだけど。。。父に怒られるのが1番シュンとします。立ち直りもスーパー早いですけどねf^_^;   でもうららも1番好きなんだよねー!

相思相愛のコンビです (*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術にいたるまで②

そしてもう1つの手術の決断、避妊手術

そろそろ6ヶ月で避妊手術を考えていた時期と、チェリーアイが重なったため、同時にすることになりましたが、同時にするか今回はチェリーアイの手術だけにするか、ギリギリまで悩みました。まだ子供ワンコ、2つの手術となると麻酔時間も長くなるので心配だったからです。

いつもたくさんのアドバイスを頂いているうららのブリーダーさんから、「まだ小さいですし麻酔時間も長くなりちょっと危ないかなと思うので、よ~~~く先生と話し合ってください」と頂きました。私もとても心配でしたが、信頼してるブリーダーさんからもそのように伺うと、一段と麻酔リスクも心配になり、いろいろ調べたり聞いたりもしました。

ワンコは飼い主を選べないし、自分の命に関わることも“こうして欲しい”とか選んだり決めたり出来ないですよね。全て飼い主次第。大げさかもしれないけど、自分の知識不足が原因でうららを危険な目に合わせては絶対いけない。今の病院の先生はしっかりしたとても良い先生だけど、獣医さんの判断が100%必ずいつも正しいとも限らないのです。最低限は自分でも情報収集して、「あれ?」と思った時には聞けるようにしておきたい、と思ってます。とは言え、なんせワンコ初心者。必要な知識はまだまだたくさーんありまくりです!

病院の先生にもよ~~~く相談し、「麻酔をしてる間は、生体機能を落とすことになるので何回もしないにこしたことはないので、2つの手術をしてしまうことをおすすめする、ということ」・「両方手術しても許容範囲時間であること」・「その手術に耐えれるであろう健康状態で若いこと」などなど説明を受けました。またこちらでは、レーザーを使っての体への負担の少ない手術をしてるとのこと。

先生のお話、自分の集めた情報合わせて、両方やることを決めました。

犬の避妊手術については、賛否両論ありますよね。

私は、うららに交配をさせることは考えてないとなると、避妊手術はしようと思っていました。メスに多い病気の確立がグンと減ること・ヒート中のストレスが防げるし周りのオスワンコへの影響がなくなること・望まない妊娠が防げることなどなど。もちろん本来必要だからあるべきものを失くしてしまって、体に悪影響はないのかとか、ホルモンバランスが崩れ成長に良くないというようなことも目にしました。防げる確立の高い病気にだってなるかもしれないし。どっちかが正しくてどっちかが正しくないというようなことではないんだろうなと思います。私は避妊手術をする選択をしましたが、こればかりはもちろん人それぞれですよね。

ただ1つ思うのは、自分のワンコの子供がみたいからという気軽さや、ましてやお金儲けのためにワンコに赤ちゃんを産ませるなんてことは絶対して欲しくないです。生まれてきたワンコの幸せまでちゃんと考えてる人にしか出来ないように、面接試験とか資格でもあればいいのになーと思ったりします。

皆さんはどうでしょうかね~???

Dscf1018

7月23日 避妊手術開腹跡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術にいたるまで①

7月19日に手術にいたりました、チェリーアイ。名前は可愛いんですけどね~。

目の異変に気付いたのは、かれこれ遡ること6月11日。朝お散歩から帰ってくると、左目が白目を向いているような状態。「まさか散歩中に変なものでも食べたのでは・・・ (>_<) !」と急いで病院に行きました。

初めて聞いたチェリーアイ。調べてみると→犬には上下にある2つの瞼以外に瞬膜という、目の内側にもう1つ瞼があるそうです。この瞬膜の裏側にあるのが瞬膜腺。通常裏側にあるべきものですが、外に飛び出してしまい、それが赤く腫れたものがさくらんぼのように見えるところから、チェリーアイの名前がついたそうです。

うららの主治医のK先生いわく、ビーグルやチワワなどがかかりやすい犬種で、明確な原因があるわけでもなく前触れがあるわけでもなくなってしまうとのこと。お散歩中に草などが目に入って刺激を受けたのかも、ともおっしゃてました。5月のお散歩デビューの衣目の充血で通院したことがあったので、炎症を起こしやすいのかな?

“さくらんぼ・・・まだ見たことないよ???”

Dscf0816_2

まずは内科的処置の目薬で様子を見て、引かないようであれば外科的処置→手術になる説明を受けました。「えー、手術?!?」 以前は切除する手術が主流だったようですが、現在は元にある場所に戻す手術が主流だそうです。涙を約50%分泌する役割があるので、切ってしまうとドライアイや目の疾患になりやすくなってしまうからだそうです。チェリーアイ=切除という考えを頑固に持ち続けてる獣医さんも多いらしいので、注意が必要です。(ただ再発も多いので、ワンコの年齢や健康状態によっては切除が望ましい場合もあるそうです。)

このチェリーアイ、特に前触れもなく&再発することもあると聞いて、ドヨーンと家に帰ったのですが、この時は昼ご飯食べて寝たら、あっさり引っ込んでしまいました!

が、先生の予言通り、6月29日に再発・・・(T_T)  しかもさらに予言どおり何の前触れもなく起床後出てました・・・。

出来ることなら手術しなくても引っ込むようにと、目薬をしたりピンセットで一時的に戻す処置もしてもらいましたが、今回はびくともしませんでした。病院のK先生にも、もう内科的治療で治る可能性は低く外科的治療が必要と言われ、手術を決心しました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術後3日目

傷口を舐めることもなく、食欲もあり経過良好!ちょっとうんPがゆるいかな?

あなた・・・ほんとにおなか切ったのよね???ってくらい元気 \(◎o◎)/

Dscf1009

“あたし、入院なんてしてたっけ???”

Dscf1010

確かに縫い後が。絆創膏がはずれそう~

うららがしてもらった避妊手術は、レーザーを使っておなかを切るもので、メリットとして傷口が小さくて済むので出血も少なく体への負担が少なくなり回復が早いと聞いておりました。(デメリットとしては、他の臓器まで見れないのでもし病気があっても気付きにくいとのこと。) 

しかし今は遊び盛りの時期!体が疲れてても、きっと遊びたいだけ遊びそうなので、お散歩も家の周りを少しずつから始めてます。

Dscf1013

のびのび~♪

Dscf1016

うーん、おうちが一番~♪

うららよく頑張ったね!ありがとう!うららのいる我が家が1番 (*^_^*)

明日は術後経過を見てもらいに病院に行きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術終了!

昨日からの1泊入院を終え、うらら嬢元気に帰宅いたしました~ (^o^)/

応援していてくれた皆様ありがとうございました!!!

チェリーアイという目の手術と避妊手術、頑張ってきてくれました。

“お目目復活 (^_^)v ”

Dscf0990_1

全身麻酔の手術で1泊後の帰宅。かなりの元気の無さを覚悟していたのですが・・・・・

Dscf0998_1

Dscf1000

Dscf1002

・・・・・。いつもと変わりがない・・・でした・・・。

入院中も、朝・昼ともにガツガツとすごい食欲で元気だったそうです(・_・;) ヒョエー!

2つの手術にあたり、気の張り詰めた毎日でしたので、本当にほっとしました。

また詳しくブログアップさせて頂きます~!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

何でもお遊び♪

毎日元気いっぱいのうららさん♪

家の中でもじっとしていることなんてほとんどなく、常にチョコチョコ動きまわって

うららにかかると何でもおもちゃです!

“よいしょっ!!”

Dscf0867_1

“取れないー”

Dscf0888_2

“外から取れなきゃ中から取るもん”

Dscf0878

“よっしゃー!”

Dscf0871

“一緒に噛む???”

Dscf0874

子供ワンコは元気が一番?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆祝 ブログ開設 ☆

可愛い成長期もだいぶ過ぎちゃいましたが~

ようやくブログデビューしましたー!!! (遅っ!)

もうすぐ6ヶ月を迎えます♪

うらら 3ヶ月の頃♪ 

Dscf0759_1   

もうすぐ6ヶ月

“あたしこんなに大きくなったよー!”

Dscf0836

“いっぱい大きくなったから~・・・”

Dscf0837

“もうお膝からはみ出しちゃうの~♪”

Dscf0840

ブログもワンコも初心者ですが、よろしくお願いしまーす☆

| | コメント (16) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »